トップページ >  食べる・買う >  舞鶴かまぼこ

食べる・買う

一覧へ戻る

舞鶴かまぼこ

かまぼこ01.jpg

舞鶴市の蒲鉾は、平成18年に特許庁の地域団体商標を取得して 舞鶴かまぼこ と呼ばれています。

舞鶴かまぼこには以下のような特徴があります。

  1. 舞鶴かまぼこ協同組合の研究室で高度な検査に合格した良質な原料のみを購入、使用しているため、製品の高い品質を維持しています。
  2. 近海で取れた(シログチ、エソ、トビウオ等)のすり身を4割以上使用しています。
  3. 特有のコシを出すために、すわり(45度で30~40分)、本蒸し(85度で30~40分)という舞鶴独自の2段蒸し上げ方法を採用しています。

(京都府ホームページより)

舞鶴かまぼこを製造する三社をご紹介いたします。

株式会社 嶋七

護衛艦かまぼこ.jpgのサムネイル画像

大正9年創業の嶋七さんは商品のバラエティも豊富で、お手軽につまめるちぎり天や定番のかまぼこ、秋から春の期間限定の舞鶴かに物語などがございます。

ワンランク上の「舞づる蒲鉾」は近海の白グチ、エソ等の上質なすり身をふんだんに使用し、ミネラルたっぷりの天然塩で魚本来の旨味を引き出し、丹精込めて作られているため味も食感も格別です。

また海上自衛隊の護衛艦 みょうこうがプリントされたパッケージの護衛艦かまぼこも人気の一品です。お土産にいかがでしょうか。

製造者 株式会社 嶋七 嶋七公式ホームページ
住所 舞鶴市北田辺118-21
電話 0773-76-3204
主な商品 御蒲鉾、舞づる蒲鉾、海上自衛隊 護衛艦かまぼこ みょうこう、赤れんが蒲鉾
主な取扱店 嶋田商店(とれとれセンター内)まいづる観光ステーション赤れんがショップ(智恵蔵)

藤六商店

かま魚こ缶5.jpg

こちらの定番かまぼこ「藤の花」は程よい歯ごたえの食感と後から広がる旨味が特徴です。その他に竹の棒に巻いて蒸してから油で揚げた「おらんだ」や、天ぷら類も製造されています。

伝統を受け継ぐ手作り製法を守りながらも、ユニークな一品もございます。それが「かま魚こ」という大変珍しいかまぼこのオイル漬け缶詰です。魚の形をしたそのひとつひとつ(1匹1匹?)は色鮮やかで可愛らしく、味のバラエティもプレーン、ガーリック、ブラックペッパー、ハーブの4種類あり、そのままおつまみにも、様々なお料理のアクセントとしてもお使いいただけます。

製造者 藤六商店 藤六公式ホームページ
住所 舞鶴市字竹屋51
電話 0773-75-0994
主な商品 藤の花、かま魚こ
主な取扱店 藤六商店、まいづる観光ステーション赤れんがショップ(智恵蔵)

高作商店

焼きの極.jpg

最後にご紹介するのが高作商店さんです。こちらの定番商品「練の極」は非常に柔らかくプリプリとした歯ごたえが特徴です。魚の旨みや甘みもしっかりと味わえ、高級かまぼこならではの伝統に磨き抜かれた味わいといえます。

また「焼の極み」は練の極み同様柔らかくしっかりと魚の旨みが活きている上に、表面が焼かれ香ばしさもプラスされ、お土産用や贈答品、ご自宅用にと幅広く人気の一品となっています。

その他、全国蒲鉾品評会で水産庁長官賞を受賞した逸品「上天 絹」も要チェックです。

製造者 高作商店
住所 舞鶴市魚屋98
電話 0773-75-0306
主な商品 練の極み、焼の極み
主な取扱店 高作商店、まいづる観光ステーション赤れんがショップ(智恵蔵)

 

気になる商品はございましたか?舞鶴へお越しの際はお土産にぜひ舞鶴かまぼこをどうぞ!

舞鶴かまぼこは、舞鶴かまぼこ&お魚オンラインショップ ふるさと まいづる便 からもお取り寄せ可能です。※一部取り扱いのない商品もございます。あらかじめご了承ください。

三社(塗).jpg

 

施設詳細

  • Facebookページ
  • 事業者様向け情報
  • 団体でご利用できる駐車場のご案内
  • 団体でご利用できる飲食店のご案内
  • Facebookページ
  • ツーリング
  • ブランドブック
  • 舞鶴ストーリー
  • 舞鶴赤れんがパーク
  • 舞鶴赤れんが博物館
  • パンフレット・ガイドブック
関係団体
  • 遊覧船団体予約受付
  • 海上自衛隊舞鶴地方隊
  • 海上自衛隊第23航空隊
  • まいづる肉じゃがまつり
  • 舞鶴フィルムコミッション
  • 北京都ロケーションネットワーク
広報だより
  • 舞鶴観光ポスター
  • 舞鶴ガイドボランティア

ページトップへ

  • 関連リンク
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 広告掲載について
  • 会員名簿
  • 舞鶴市
一般社団法人 京都府北部地域連携都市圏振興社 舞鶴地域本部
〒624-0816
京都府舞鶴市伊佐津213番地の8 (まいづる観光ステーション内)
TEL:0773-75-8600 / FAX:0773-75-8602